【クロスワード】読売新聞よみほっと日曜版答え♪11月22日

クロスワードよみほっと

日曜日の読売新聞よみほっと(2020年11月22日)のクロスワードの解答を予想してみました。

あくまでも解答予想です♪

間違っていてもご愛嬌ということでお願いします。

よみほっとクロスワード

二重枠に入った文字をA~E順に並べると「模様」になります。なんの言葉になるでしょう?

クロスワード

タテのカギ

①これに吹かれたら、こわくなってひるんじゃう

⇒オクビョウカゼ(臆病風)

 

⑥____大将はヘビの一種、____写真は将来の構想

⇒アオ(青)

 

⑦スペイン出身の画家。独特なヒゲの形、柔らかい時計などを連想する人も多そう

⇒ダリ

 

⑧____を惜しんで勉強する

⇒スンカ(寸暇)

 

⑩____線 三陸____ リアス____

⇒カイガン(海岸)

 

⑫腕につける剣道の防具

⇒コテ(小手)

 

⑬____もつもれば山となる

⇒チリ(塵)

 

⑭三つ取られたら三振です

⇒ストライク

 

⑯歯医者さんの看板にもしばしば登場する、大きな口の動物

⇒カバ

 

⑰どこにぶつければよいのか、____のない怒りで胸がいっぱいだ

⇒ヤリバ

 

⑱不敵な____構えをした猛者たち

⇒ツラ(面)

 

⑲ヘビ・カエル・ナメクジの例えが使われる、身動き取れない状態

⇒サンスクミ(三すくみ)

 

㉑列車に乗るとき向かう

⇒エキ(駅)

 

㉒____ありげな笑みを浮かべている

⇒イミ(意味)

 

㉓手を拭くときに使います。「ーフ」が略されています

⇒ハンカチ

 

㉕とても昔

⇒タイコ(太古)

 

㉗____プリント ____ジャッジ

⇒ミス

 

㉘ワインボトルには、コルクがよく使われます

⇒セン

 

㉙両思いです

⇒ソウシソウアイ(相思相愛)

 

ヨコのカギ

①勝つか負けるかで、のちの運命がガラッと変わるような大事な勝負

⇒オオイチバン(大一番)

 

②聞くと心が洗われるような話

⇒ビダン(美談)

 

③腕に____をかけて料理を作る

⇒ヨリ

 

④長崎土産としても人気のお菓子

⇒カステラ

 

⑤____は急げ

⇒ゼン(善)

 

⑥肌からボロボロ落ちる汚れ

⇒アカ(垢)

 

⑨奈良の大仏は大仏殿の中にあるが____の大仏は屋外にある

⇒カマクラ(鎌倉)

 

⑪おすしに添えられている甘酸っぱいショウガ

⇒ガリ

 

⑫数独は数を使ったパズル、クロスワードは____を使ったパズル

⇒コトバ(言葉)

 

⑭チクワやカマボコを作るのに使う

⇒スリミ(すり身)

 

⑮スタートダッシュの勢いを落とさずに、____に仕事を仕上げた

⇒イッキカセイ(一気呵成)

 

⑯傷痕を覆ってできる

⇒カサブタ(瘡蓋)

 

⑰ウドンだと、ネギや七味唐辛子などをよく使う

⇒ヤクミ(薬味)

 

⑳文章をよりよくするための磨き上げ作業

⇒スイコウ(推敲)

 

㉑日本の通貨単位です

⇒エン(円)

 

㉓1ケタの____は切り捨てて計算

⇒ハスウ(端数)

 

㉔代金。手間

⇒チン(賃)

 

㉖浜よりも岩が多い

⇒イソ(磯)

 

㉗「料理のさしすせそ」では「そ」にあたる調味料

⇒ミソ(味噌)

 

答え

コンガスリ(紺飛白)

 

2020年11月22日の読売新聞日曜日のよみほっとのクロスワードの解答予想でした♪

タイトルとURLをコピーしました