アレルギーは存在しない!アレルギーの症状を治す方法

シェアする

スポンサーリンク
Allergy

現在、日本人の約半分がアレルギーに悩んでいるそうです。そして、アレルギーに悩む多くの人が抗ヒスタミン薬やステロイド薬などのアレルギー薬を使用しています。

しかし、このアレルギー薬はアレルギーの治療に意味がないばかりか有害であることがわかってきました。

アレルギーはすぐには治らないですが、正しい方法で取り組めば症状が徐々に軽減されていくのは間違いありません。

昔はアレルギーは存在しなかった!?

Allergy

過去を遡ってみるともともとはアレルギーなんてものは存在していなかったことがわかります。

昔、花粉症などという言葉はほとんどなかったはずです。花粉症の症状であると思われている目のかゆみやくしゃみ、鼻水は本来、花粉が原因で出ているわけではないのです。現代社会における化学物質に過敏になっているために起きる現代特有の症状なのです。アレルギーと思われる症状を治すためには化学物質を避け、アレルギーと思われる体質にならないような強い体作りを心がけなければならないのです。
では、

アレルギーを克服するためには何をすればよいか?

・体に害になるものを徹底的に避ける
具体的には、砂糖、牛乳、精製された穀物、添加物、農薬などです。
・デトックスを心がける
そもそも身体に、有害物質を溜めないことが重要
・栄養価が高く、エネルギー豊富な食べ物を食べるようにする
・電子レンジやスマートホンなどの電磁波を極力浴びないようにする
・シャンプーや石鹸、化粧水等は成分に注意し肌から毒物が体内に取り込まれないように注意する
・アレルギーの症状が出ている原因を考えその原因に対処していく

まとめてみると、
「身体に良いものを取り入れ、体から毒を徹底的に排除する」
ということです。

砂糖や乳製品は絶対に避け、野菜は無農薬で自然の物にこだわり、魚は天然もの、肉はどのような飼料で育てられたかを確認します。マグネシウムや、ビタミンC、ビタミンB3、マンガン、亜鉛を摂取するように心がけましょう。そして、納豆などのネバネバ食品、発酵食品を食べるようにしましょう。デトックスは、発汗や断食することで可能になります。また、アレルギーは清潔にしすぎることが原因と考えられているため、過度に潔癖症にならずに進んで自然に触れることもアレルギーを治すために重要だと考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする