健康のために毎日の食生活に取り入れるべきスーパーフード9選

シェアする

スポンサーリンク
スーパーフード

スーパーフード」とは、他の食材に比べて低カロリーで栄養バランスが良くビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化作用が豊富で処理されていない自然な食品のことです。
現在、我々の生活において多くの人が、癌や、糖尿病、心血管疾患などの慢性病やキラー疾患に悩まされています。

スパーフードを日常の食生活に取り入れることで、病気になりにくく健康で長生きできるということがわかってきました。
以下に、日常生活に簡単に取り入れやすいスーパーフードの例をいくつか挙げてみましょう。出来る範囲であなたの食生活に取り入れてみることをオススメします。

スーパーフード9選

スーパーフード

1.ナッツ

ナッツとは硬い皮や殻につつまれた食用の果実や種子のことで、ピーナッツ(落花生)、クルミ、アーモンド、空豆、カシューナッツ、松の実などです。一般的には皮や殻を取り除いて食べられます。
ナッツは栄養価が非常に高く、肥満を心配する人もいますが、コレステロール抑制効果が高く、食物繊維が豊富なので、ナッツが原因で太ることはありません。逆にダイエット効果が期待できます。
肌荒れを心配する人もいるようですが、むしろビタミン、ミネラルを多く含んでいて美肌効果も高い食材なのです。他にも老化や糖尿病、貧血の予防、脳卒中、アルツハイマーにも効果を発揮することがわかってきています。
食べ過ぎると胃が荒れたりするので注意が必要ですが、食べ過ぎなければ最高の食材と言えるでしょう。ナッツは、腹持ちが良いのも特徴で間食にはもってこいの食材と言えるでしょう。塩分が気になる方には、無塩のナッツがオススメです。

2.ほうれん草

緑豊かなほうれん草は、葉酸を多く含み、脳卒中、心臓発作、心血管疾患や、骨粗しょう症のリスクを軽減してくれる食材です。また、葉酸はあなたの陰部への血流を増加させてくれるので、性生活にも良い影響を与えてくれます。ポパイのように元気モリモリの下半身になるかもしれませんね。
ほうれん草は、普段の食事に取り入れることも簡単で毎日でも食べることが可能です。サラダに使ったり、お味噌汁の具にしたり、サラダに入れても美味しいです。また、ピザにのせたりスクランブルエッグに混ぜ込んだりしても美味しくいただけるでしょう。

3.かぼちゃ

かぼちゃにはベータカロチンが豊富に含まれています。このベータカロチンは心臓病や癌を予防してくれます。また、高血圧、てんかん、胸やけ、アルツハイマー病やうつ病にも効果的な食材です。

4.ニンジン

ニンジンにはカロテンが豊富に含まれていて、関節炎や喘息、癌など幅広く健康に役立つ食材です。1日に半分程度食べるのが理想とされています。

5.トマト

赤いトマトは抗酸化物質とリコピンが豊富に含まれています。トマトは、生で食べても、ジュースにして飲んでも美味しくいただけます。パスタに入れても人気です。大きめのトマトを1日に1個食べることを心がけてみて下さい。

6.黒豆

黒豆に含まれるアントシアニンは、脳の機能を向上させる抗酸化化合物で1日に50グラム程度食べることをオススメします。

7.レモン

レモンはデトックス作用に優れた食材です。また、免疫システムをサポートし、あなたの細胞とDNAに損傷を与えるフリーラジカルを殺す作用のあるビタミンCが豊富に含まれていて、心臓病、癌、関節炎に有効です。さらに、レモンは消化を促進し、肝機能を向上させてくれます。レモンは毎日食べなければいけない食品の1つと言えるでしょう。

8.さつまいも

さつまいもは、ジャガイモより美味しくはるかに栄養価が高いです。特に美肌効果が高く、オハイオ州立大学の人間栄養学科によると、お肌の健康をサポートするビタミンAが多く含まれ、目の健康や、免疫システムの向上に有効とのことです。また、さつまいもは、食物繊維が豊富であなたの腸内をキレイに保ってくれる効果も高く大腸がんのリスクを減らしてくれます。

9.にんにく

にんにくには調理する過程で強い抗菌・抗カビ作用を持つアリシンという化合物が生成され、疲労回復を助け、病気から守ってくれる働きがあります。特に、癌や感染症、心血管疾患に有効で血中コレステロールを下げてくれる働きもあります。毎日2かけずつ摂取するのが理想です。においが気になる方はサプリメントを利用してはいかがでしょう。

いかがでしたでしょうか?以上の食材を毎日の食生活に少しずつでも取り入れることで、より健康的でエネルギッシュな生活を送れるようになるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする