人を動かす~人間関係を円滑にして、気持ちよく人に動いてもらう方法~

シェアする

スポンサーリンク
人を動かす,人間関係,円滑

あなたは、気持ちよく人に動いてもらうことができていますか?
あなたの周りには、気持ち良人をく動かす人もいれば、上手に人を動かすことが出来ずに人間関係に悩んでいる人もいると思います。

人を動かすのが上手な人は、人間関係も円滑で、そうでない人は、人間関係に悩んでいることが多いです。

気持ちよく人を動かす人は、部下や同僚、奥さんや友達、恋人、上司やお客さん、更には、初対面の人まで上手に動かすことができ、快適でストレスの少ない生活を送っていることでしょう。

一方で、人を動かすのが下手な人は、周りの人に動いてもらうことができずに、人間関係に悩んでいる人が多いです。
「どうしたら私の言うことを聞いてくれるのだろう」
「どうしてみんな私の言うことを聞いてくれないんだろう?」
とストレスの多い生活をしています。

人を動かすコツ

人を動かす,人間関係,円滑

では、どうすれば人に気持ちよく動いて貰うことができるのでしょうか?
上手に人を動かす人と、そうでない人の違いって、何なのでしょうか?

人を動かすのが下手な人は、ただ、物事を頼むだけ、伝えるだけの人が多いです。
「あれをお願い」
「これをお願い」
「あなたはこうあるべき」
「君はこうするべき」
などです。

自分に置き換えて考えてみてください。
これでは、人は中々気持ちよく動いてくれることは少ないと思います。

一方、気持ちよく人に動いてもらうことができる人は、どうしてその行動をして欲しいのか、または、その行動することによって得られるメリットを上手に伝えます。
「こういうふうにしたら昇進できるよ」
「あれをもう少し頑張ったら上司に認められるよ」
「〇〇したら、異性にモテるよ」
といった感じです。

行動するメリットを伝える

相手に、してほしいことと一緒に行動することによって得られるメリットや、その行動をする理由を伝えるのです。

子供の教育にも当てはまると思います。ただ、
「勉強しなさい!」
「片付けしなさい!」
と、頭ごなしに言っても、進んで勉強したり、片付けするようにはならないでしょう。

勉強や片付けがちゃんとできると、どのような良いことがあるのかをきちんと伝えて、それを理解して初めて、自分から進んで勉強や片付けをするようになるのではないでしょうか?

お客さんや、初対面の人に対して、あなたのお店に来るメリットや、あなたの商品を買うことによるメリット、あなたに会う理由を丁寧に具体的に伝えることができていますか?
これが出来ていないと、誰もあなたに積極的に会おうと思わないでしょうし、まして、お店に行ったり、あなたの商品を購入しようと思わないと思います。

人に気持ちよく動いてもらって、人間関係を円滑にするためには、
「行動することによって得られるメリット」
「行動する理由」
をきちんと伝えて理解してもらうことが必要です。

人は、行動する動機付けがあれば進んで行動するようになるので、くれぐれもしっかり伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする