斎藤一人さん流、不思議な奇跡のおこし方

シェアする

スポンサーリンク
斎藤一人 奇跡

次はね、奇跡のおこし方。
え~、奇跡のおこし方、今から教えます。あのね、たいがいのことは奇跡を起こせばいいんだね。じゃあ、奇跡ってなんだか知っていますか?奇跡っていうのはこういうことなんです。
滅多に起きないこと。だよね、だって毎日起きたら奇跡じゃないものね。だけど、1回も起きなきゃ奇跡じゃないよね。わかるかね。その滅多に起きないことを起こせばいいんだよ。ね。で、俺は滅多に起きないことを起こすんだよ。

うちの会社ってね、お弟子さんが各県でやってて、本社って5人しかいないんだよ。その5人で、うちは納税1番だったお。で、土地もやんないし株もやったことないの。仕事だけなの。十何年間、俺1回も抜かれたことないんだよ。あの納税ってインチキなんだよ。本当なんだよ。だって、会社が苦しくて土地売ったって税金取られるんだよ。で、納税1番だからって儲かってるわけじゃないんだよ。苦しくて会社の株売ったって税金取られるから、1番なっちゃったりするんだよね。

で、ほかひどいのんなってくと大概はね、親の代から、下手すると3代かけてやってるなんてのもあるんだよ。それが上場して税金払ったって言うから、親子3代なんだよ。俺は365日戦ってんだよ、とことん。
それでも土地抜いてね、土地とか株抜いてずう~っと1番とってんだよ。奇跡でしょ。たったの5人しかいないんだよ。

うちの会社、なんていうの、インターネットとかないんだよ。今だに電卓しかないんだから。ね~、それでやってんだよ。
だから、奇跡って起きるんだよって言いたいの。で、奇跡を起こせばいいんだよって、それを言いたいの。で、奇跡の起こし方ってあるから教えるよって。

【斎藤一人】仕事も、お金も、恋愛も奇跡を起したいならこの不思議なお話はオススメ!

【斎藤一人】仕事も、お金も、恋愛も奇跡を起したいならこの不思議なお話はオススメ!より)

ハナエちゃんがね。一人さんに会った時に、ま~、儲かんない喫茶店やってたんだ、これが。ハナエちゃんが俺のお弟子さんになって金持ちになった時にね、どっかの国に、血の涙が出るマリア様がある。それを見ていてハナエちゃんがね、私が金持ちになったことは、マリア様が鼻血たらしたことよりすごいって。自分にとってだよ。自分にとってね。

奇跡とは

斎藤一人 奇跡

でね。奇跡とはね。滅多に起きないことを起こすんだから、奇跡にふさわしい人間だと思わないとできないんだ。こんな話、難しいか、大丈夫か?いいかい。この世の中は偶然だって言う人と、絶対必然だって言う人がいるんだ。偶然なんかないって人もいるんだよ。で、一人さん流に言わせると、奇跡なんだ。人間が生まれてくる確率って何十億分の一なんだよ。そこに俺たち生まれてきたんだ。
日本の人口だと1日10人ずつ握手すると、1億3千万人と握手するのに2万何千年か、3万何年かかかるんだよ。それが、今こんだけの人と会ってんだよ。講演会もうやんないっつってんだから。この確率ってすごいんだよ。これが、奇跡なんだって。奇跡でここに来れたんだ。で、奇跡なんだと思うくせを付けるんだよ。
で、あとはどうするかっていうと、アスファルトをめくって雑草が生えてくるじゃん。いいかい。アスファルトをめくるってことはアスファルトの下にいたんだよ。だから、アスファルトの下にいたときはもっとちっちゃいんだよ。ね、それがアスファルトをめくりあげて出てくるんだよ。これが奇跡なんだよ。どう考えたって、あれ計算上出来ないんだよ。
で、どうやってたってんのかっていうと、無限小の力、無限小の力で、無限大の持てる時間を全部使ってジワーっと押すんだよ。そうすると、めくれ上がっちゃうんだよ。わかるかい?わかんなくてもいいんだよ。そうなんだよ。だって、そうだからああなってんだよ。あれ、強くぎゅうってやっちゃったら青汁になっちゃうだろ。
ね、それを、ジワーってやるからああやって上がるんだよ。だから、近くに目標を持って、自分が主任になりたいんだとか、僕はイタリア料理で小さな店でもいいから持ちたいんだって、持てる力を全部使って、ジワーっとやるんだよ。で、力を上に結集してるんだよ。わかるかい?上に上に結集するんだよ。力を分散さしちゃダメなんだよ。横だとか縦だとか、じゃなくて、一点上に向けるんだよ。そんで、ジワーってやるんだよ。
そうするとね、なぜか転びっていうのが起きるの。転びってなんですか?というと、いいことが転がり込んでくるの。おまえやりてーんだったら、うちの店に空いてるところあるぞ、とか。ね、だから、一生懸命やりながらそれに向かっていると、なぜかそういうことが起きてくるんだよ。で、奇跡的にそれが起きるんだよ。わかる?分かんなくてもそうだんだからしょうがないんだよ。で、やってみな。

え~、喝という話。メンチとかカツとかじゃないよ。「喝」。え~、じゅんちゃん上がってね、こっち。今、喝を見せてあげる。いいかい。むかしのお坊さんがねよく喝っていうのをやるの。喝っていうののやり方を教えてあげるね。はい、強姦が襲ってきます。いいですよ。いいよ。

「喝」

いいかい。この人はしばらく動けなくなる。なんでか知ってるかい。ね、昔の町人なんかがすぐ斬られちゃうのは、「ジャー」とか「ぎゃー」って言うんだよ。ね。ところが、相手のこうやってここを見るんだよ。目と目の間見て、それでもって一瞬に気を集中して、「喝っ」とかってやると止まるようになってんだよ。

いいかい?一瞬に、一点に集中しなきゃダメなんだよ。ね、だからどんなちっちゃな目的でも集中するんだよ。そうすると物って奇跡が起きるんだよ。気なんて何ですかって、気なんて誰でも出てんだよ。発散してるだけなんだよ。それを一点に集中するんだよ。わかるかい。

いいかい。ピストルの弾だってね、火薬出して広げて火をつけると、ビュって燃えるだけなんだよ。爆発もしないんだよ。それを集中するんだよ。集中しといて、圧縮して一箇所に穴開けてドンってやるとこんな火薬が人どころか象だってひっくり返しちゃうんだよ。

目的をもったら、 僕の夢だなんて言ってるだけで散る、目的だよ、目標だよって持って、じっくりやるんだよ、ジワーって。わかるかい?ね。そうするとうまくいくようになってるの。え~、いい話なんだよな、この話は。

だから、自分たちってさ、奇跡に値する人間だよって、それが持てる力が、今度は僕は体が弱いんですって、僕はなんですって、いいの、俺も弱かったんだよ、体とか。
で、奇跡って、段々早くなってくの。俺ね、納税一番になるよってうちの人たち集めていったの。死ぬまでになれりゃあいいと思ったの、ホントなんだよ、この話。で、死ぬjまでになれりゃいいって言ってたの。で、自分では、納税日本一を目指すよ、頑張ろうねっていったの。だけど、何十年も、先輩、諸先輩方いっぱいいるじゃん。そんなのなれっこないと思っていたの。で、次の翌年だよ。その時の発表なんて、みんなラーメン屋でラーメン食ってたらテレビで呼んでんだもん俺の名前。

ね~。段々奇跡を起こし続けていると早くなってくるの。いいかい。ピストルの弾だってそうじゃん。集中してどんどん撃つだろ。いくらどんと撃ったって飛び過ぎたらダメなんだよ。一番近くをトンと当てるんだよ。
ね、そしたら、当たったらまた次を当ててじゃないんだよ。それをやってると、人助けってのは自然だから段々ピラミット見たく多くなっていくの。ピラミットが5千年とかもってるのは三角だからだよ。それを出世して上に上にってなると棒みたくなっちゃうんだよ。そしたら、ひっくり返っちゃうんだよ。それより下に下にやっていくと土台を作りながら上がって行くから絶対にひっくりかえらないんだよ。

これが、神様が教えてくれる、上への上がり方なの。で、俺、神様って言う癖があるからね。ちっちゃい時、寝てて光の玉が出てきていろんなことを教えてくれたの。それを俺が、神様だと思っている人なの。で、一人さんとこ宗教団体ですかって人いるけど、違うよ。宗教団体って税金いらねーんだよ。で、俺、日本で一番税金払ってんだよ。宗教がいけないって言ってんじゃないんだよ。やりたい人はやりゃいいんだよ。信じるものは信じたらいいんだよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする