【7つの習慣】インサイドアウト

12,519 Views

シェアする

インサイドアウト

7つの習慣の

インサイドアウト

という考え方について、わかりやすい動画があったのでシェアさせていただきます。

スポンサーリンク

【7つの習慣】インサイドアウトという概念

7つの習慣の前に意識すべきインサイドアウトという概念をマスターし成功への第一歩を踏み出して行きましょう。インサイドアウトをマスターすることで物事の捉え方が一変し昨日までとは全く違う視点で物事を捉えることができるようになります。インサイドアウトとは例外なく成功者が実践している概念です。確実にマスターしましょう。

私たちは世界をあるがままに見ているのではなく、私たちのあるがままに世界を見ている

私たちは、世の中の物事をすべて自分を基準として都合のいいように見ていて自分の基準で物事を「良いこと」、「悪いこと」という判断をしています。そういう人はいつまでもうまくいかなかった原因を、人のせいにしたり、環境のせいにしたりしています。いや、自分は大丈夫、そんなことはない、と思われた方は優秀です。

しかし、どれだけ自分を客観的に見ることができる人間であっても

事象を自分が見たいように見ている

という呪縛からは逃れられないのです。インサイドアウトとは

 すべての問題は自分の中に有り自分が変わらなければ周囲も変わらない

という考え方です。うまくいかなかった原因を人のせいや環境のせいにした瞬間、そこで自分自身の成長が止まってしまうという発想から来ています。仕事で失敗すれば職場の上司のせいにする、食事会での会話が盛り上がらないのはそこに出席しているメンバーが悪いからだ、こうして相手を攻めることでますます周囲から避けられ成長の機会を逃してしまうのです。

インサイドアウトをマスターするためにはパラダイムシフトする必要があります。パラダイムとは

 世の中の物事を見るときに基準となる考え方

のことです。それを替える必要があるのです。自分が正しい、相手が間違っているというパラダイムを持ち続けている限り何も変わりません。

では、どのようなパラダイムを持つべきなのか、7つの習慣では原則に基づいたパラダイムを持つべきだと明言しています。原則とは、

 国や時代を超えても、誰もがその価値を認めるもの

具体的には、公正さや、誠実、勇気などを指します。成功するためには自分の内面、つまり、考え方、見方、人格、動機が原則にあっているかに気を付け行動を変えることで結果を引き寄せようとする意識が大切なのです。

人は誰しも過去の経験や知識を参照し世界を見ています。しかし、ごく一部の成功者のみがこのインサイドアウトを実践し成功をおさめています。あなたもこのインサイドアウトを実践し成功への第一歩を踏み出しましょう。

インサイドアウト

 【7つの習慣】アウトサイドインという概念

アウトサイドインとは7つの習慣で推奨しているインサイドアウトと真逆の概念になります。インサイドアウトとは、

 すべての問題は自分の中にあり、自分が変わらなければ周囲も変わらない

という考え方のことです。その逆のアウトサイドインというのは、つまり

 すべての問題は自分の外にあり、結果を出すためには周囲を替える必要がある

という考え方です。つまり、自分に責任は一切なく他人や組織、環境など自分の外側が変わらないと結果も出ないという考え方です。このような考え方を持っているうちは何も変わらないので成功者になることは不可能とされています。思考をインサイドアウトに変えていきましょう。

(youtube 【7つの習慣】インサイドアウトという概念より)

7つの習慣(要約)

第1の習慣 主体的である

第2の習慣 目的を持って始める

第3の習慣 最優先事項を優先する

第4の習慣 WinWinを考える

第5の習慣 理解してから理解される

第6の習慣 相乗効果を作り出す

第7の習慣 刃を研ぐ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする