第2の習慣 目的を持って始める ~7つの習慣~

4,210 Views

シェアする

第2の習慣

7つの習慣の第2の習慣

目的を持って始める

について、わかりやすい動画があったのでシェアさせていただきます。

スポンサーリンク

終わりから逆算して始める

努力をどれだけ積み重ねてもゴールを意識していなければ間違った方向に進むだけです。

「何のために行動するのか」を自覚し、ブレない生き方をするために、自分が大切にする価値観を明確にする必要があります。

7つの習慣では、

全てのものは2度作られる

と明言されています。例えば、家を建てるときにまず頭の中で完成後のイメージをして設計図を作ります。これを知的創造といいます。その後、実際に工事が行われます。これを物的想像といいます。

では、人生はどうでしょうか?人生も同じです。人生の方向性をイメージし(知的創造)、毎日を生きる(物的創造)。第2の習慣の「終わりから逆算して始める」は、知的創造のことを示しています。多くの人は、自分の生き方は自分で決められるにも関わらず、それを忘れ無意識に他人が決めた脚本通りに生きています。そして、人生の終わりに後悔します。

ここであなたに一つ質問です。

「あなたの子供の頃の夢はなんですか?」

そして、その夢までの距離はどの程度縮まっているでしょうか?多くの人は子供の頃持った夢をいつしか忘れ、就職しなければいけないという社会の洗脳を受け、気づけば夢とは全く違う仕事に就き現実から逃げるかのように生きがいを探しています。第1の習慣の主体性にのっとり自分の人生の設計図を作る責任を自覚しましょう。

その第一歩としてどんな些細なことでも目的を明確にしてから行動を決める、この流れを徹底することで成功者への道は切り開けます。

目的の明確化とは、「やるべきこと」と「やるべきでないこと」が明確に区別されていることを指します。その上でやるべきことを主体性を持って選択することで目的の達成に近づきます。やるべきでないことは勇気を持ってやらない選択をすることも重要です。

言葉にしてみれば当たり前のことですが、目的を明確にしてから行動する習慣を身につけられている人はごく一部の成功者のみです。あなたの目の前にある仕事は、あなたの人生の目的を達成するためにやるべきことでしょうか?やるべきことなら集中して取り組みましょう。やるべきでないことなら勇気を出してやらないという選択をしていきましょう。

 目的を意識して行動を選択する

これを習慣にしましょう。しかし、そもそも人生のゴールが見えない人がほとんどではないでしょうか?いったい自分は何がしたいのだろうか?本当の自分とは?7つの習慣ではこういった場合、原則に立ち返ることが重要だと明言しています。

第2の習慣

ミッションステートメント

ミッションステートメントを実践することであなたは、ブレない本当の自分を手に入れ、あなたが大切にしている価値観を見つけることができます。

 迷ったときは原則に立ち返って選択する

私たちは仕事やプライベートに限らず、さまざまな選択を続けて生きています。そんな中で自分がブレているな・・・と感じたり、自分の中の価値観ってなんだろう・・・と悩んだりする経験がことでしょう。自分のことや他人のことを真剣に考えれば考えるほど、この価値観というキーワードが出てくると思います。

あなたの価値観は何でしょうか?例えば働き方に対する価値観も様々で、会社のために身を粉にして働くことが正しいと考えるのも価値観です。会社のために頑張ってもたいした見返りがないのでそこまで頑張らなくて良いと考えるのも価値観です。車に対してもそうです。良い車に乗ることをステータスだと考える人もいれば、車はただの移動手段なのでタクシーがあるから車なんて必要ないという人もいます。これらはすべて価値観です。価値観に正解も不正解もありません。

しかし、こういった断片的な価値観を一つ一つ明確にすることで自分がどういう人間なのかをより明確に理解することができます。7つの習慣では、いろいろな物事に対して自分が大切にしている価値観を明確にし、その共通点を抽出し自分の価値観の中心にある原則を知ることが最も重要だとしています。

例えば、働き方に対しては、「上司に頼られることで、重要な仕事を任され、それをこなすことがやりがいだ」という価値観を持っている、家族に対しては、「自分が家族から経済的にも精神的にも頼られる人でありたい」という価値観を持っている、友人に対しては、「何でも相談にのれる人でありたい」という価値観を持っている、これら3つの共通点には「頼られたい」という原則があります。

「頼られたい」が自分の中心だとしたら、自分を磨かなければ頼ってくれませんよね。居酒屋で他人の愚痴ばかり言っている人に何かを相談したいとは思いませんよね。人を見下したり、自慢話ばかりしている人に頼りたいなんて思いませんよね。頼られたいという自分が明確になれば、その人のとる行動の方向性が明確になります。逆にこの自分の原則と矛盾する行動をとってはいけないことに気がつきます。

こうした自分の奥底にある価値観の共通点、一貫性のあるブレないあなたを手に入れることができます。良い人ぶる必要はありません。ただ素直にニュートラルな気持ちで考えてみてください。7つの習慣では、あなただけの原則を手に入れるためにミッションステートメントを実施することを推奨しています。

ミッションとは使命、ステートメントとは宣言、つまり自分の人生では何が大切で自分がどうなりたいのかを宣言するということです。そうすることで人生の目的を見失わず毎日充実した人生を過ごすことができます。ミッションステートメントは1日で書けるようなものではありません。私も半年間悩み考え続けてようやく答えが出ました。そして、このミッションステートメントは、日々変わっていきます。1年に一度でいいので自分を見つめる時間を作って見直してみてください。

では、あなたの原則を見つけていきましょう。これから説明する手順を実践することであなたの原則を見つけてください。

原則を見つける手順

ステップ1:紙とペンを用意してください

ステップ2:「仕事」「家族」「友人」に対して自分の役割と自分がどうありたいかを書き出す
ここでのポイントは格好を付けないことです。格好をつけているとそれはあなたの本質ではない可能性があります。

ステップ3:3つの共通点からあなたの原則を見つける
7つの習慣では、原則は誠実さや勇気など費用に概念的な言葉でまとめられていますが、形式にこだわる必要はありません。頼られたい、人を救いたい、認められたいなど自分でわかる言葉で表現してみてください。

ステップ4:原則に沿った行動を習慣づける
これからの行動は、あなたの原則と矛盾していないかどうかを考えてから行動してみてください。

こういった自分について真剣に考える機会は自分で作らなければ一生ありません。普通の人は悩むことはあってもここまで真剣に考えている人はそう多くないです。しかし、成功者は例外なく全員考えています。

自分を深く知ることで、あなた自身を飛躍的に成長させることができるのでぜひ実践してみてください。

(youtube 【7つの習慣】Chapter2 終わりを思い描くことから始まるより)

7つの習慣(要約)

7つの習慣 インサイドアウト

第1の習慣 主体的である

第3の習慣 最優先事項を優先する

第4の習慣 WinWinを考える

第5の習慣 理解してから理解される

第6の習慣 相乗効果を作り出す

第7の習慣 刃を研ぐ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする