第7の習慣 刃を研ぐ ~7つの習慣~

2,407 Views

シェアする

第7の習慣

7つの習慣の第7の習慣

刃を研ぐ

について、わかりやすい動画があったのでシェアさせていただきます。

すべての物事において大きな成果を出すために、第1から第6の習慣を日々実践し、自分を鍛えることで、切れ味を高めていきましょう。

スポンサーリンク

刃を研ぐ

第7の習慣

最後の習慣、「刃を研ぐ」では、“肉体”、“精神”、“知性”、“社会・情緒”という4つの側面で、バランスよく刃を研ぐための時間をとる習慣が成功への最短ルートだと明言しています。

「肉体的側面で刃を研ぐ」とは、食事・運動・休養によって体をメンテナンスすることを指します。これにより持久力、柔軟性、強さの3つを鍛えることができます。健康的な体なら第1の習慣「主体的である」を続けることができます。

「 精神的側面で刃を研ぐ」とは、自らの価値観を深く見つめることを指します。読書や音楽鑑賞、自然の中に身を置くなど、定期的に自分の心と向き合いましょう。そうすることで、深いレベルで「ブレない本当の自分」を手に入れることができ、第2の習慣「目的を明確にして始める」ことができます。

「知的側面で刃を研ぐ」とは、知識を増やし、情報収集力や選択力を磨くことを指します。第3の習慣「最優先事項を優先する」に基づき、自分の目的や価値観にあった番組や優れた本を読む習慣をつけましょう。自分の考えや経験を、日記やブログにアウトプットすることも非常に効果的です。

「社会・情緒的側面で刃を研」ぐとは、人間関係においても自分の価値観に忠実に振舞うことを指します。仕事やボランティアなどの社会貢献による活動で公的成功を目指す第4の習慣「Win-Winを考える」、第5の習慣「理解した後理解される」、第6の習慣「相乗効果を作り出す」のために必要なことです。

7つの習慣がもたらすのは、これら4つの側面のリニューアルです。これは、つまり人間として刷新が期待できるということです。

自分自身が鍛えられ、自分の価値が高まればその分人の支えになることもできます。人の支えになれば、また新たな自分の価値観に気づきます。

こうして、自分の活動自体が自分自身の相乗効果になっていきます。

第7の習慣は、一言で表現すると

 「網羅的な自分磨き」

のことを指しています。しかし、自分磨きは、第1から第6の習慣が十分に身についていなければ、必ず壁にぶつかったり、成長が止まってしまいます。

すべての習慣を身につけていれば、上へ向かう、つまり成功者への階段を確実に最速で駆け上がることができます。

成功とは何でしょうか?お金を持つこと?素敵な異性をパートナーに持つこと?高級車に乗ること?豪邸に住むこと?でしょうか。

残念ながら成功に答えはありません。何がどうなれば成功かということは人によって違います。
ここで、7つの習慣では、ひとつの答えを指し示しています。

 成功とは素晴らしいひとりの人間になること、自分自身とひとつになり、愛する人、友人、同僚とひとつになることが、7つの習慣の最高で最良、最も実りある果実

だとしています。7つの習慣を通して、あなたの人生をより良いものに変えていきましょう。

(youtube 【7つの習慣】Chapter7 刃を研ぐより)

7つの習慣(要約)

7つの習慣 インサイドアウト

第1の習慣 主体的である

第2の習慣 目的を持って始める

第3の習慣 最優先事項を優先する

第4の習慣 WinWinを考える

第5の習慣 理解してから理解される

第6の習慣 相乗効果を作り出す

スポンサーリンク

シェアする

フォローする