第6の習慣 相乗効果を作り出す ~7つの習慣~

2,075 Views

シェアする

第6の習慣

7つの習慣の第6の習慣

相乗効果を作り出す

について、わかりやすい動画があったのでシェアさせていただきます。

人は人と組んで何かをしようとするとき、どうしても共通点ばかりに目がいってしまいます。しかし、相違点を見つけ合うからこそお互いの良さがいかされ相乗効果が生まれ、大きな成果を得ることができます。

 相乗効果の本質は“違い”を尊重することにある

スポンサーリンク

相乗効果とは

第6の習慣

相乗効果とは、個別のものを合わせて、個々の和より大きな成果を得ることを指します。つまり、1+1=2になったのでは、相乗効果が発揮されているとは言えません。これは、ビジネスでも同じで、月に100万円稼いでいる人と、50万円稼いでいる人がビジネスを一緒にやったとき、150万円稼げるようになったというのでは相乗効果が発揮されたとは言えません。
相乗効果は、

 今まで存在しなかった新たな価値を創り出す力

です。相乗効果の本質は、違いを尊重することにありますが、多くの人は、自分と違う人のことを嫌います。年齢や職業が違うだけでコミュニケーションを諦め、異性や同僚とうまくいかないと相手のせいにする、育ちや文化、あげだすときりがありません。なぜなら、居心地が悪いからです。自分の意見や考え方が否定されると、自分の生き方が否定されたような気になり不快な気分になってしまいます。
しかし、そもそも人は違う経験をし、違う人生を生きているのですから、考え方や見方が違っていて当たり前なのです。

 あなたと違いのない人などこの世に存在しない

人との違いを率直に認め、むしろ自分の弱みを見せるくらいのほうが、人とのコミュニケーションはうまくいきます。7つの習慣では、自分の考え方や能力の限界を認め、相手の長所から学ぶことが大切だと明言しています。
ここであなたに質問です。

 あなたは、妥協していませんか?

人との違いを認められない人が取りがちな行動が、この“妥協”です。妥協とは、個々のものを合わせて個々の和より小さな成果を得ることを指します。

妥協は、お互いが、「まあ、いいか」という気持ちで何かをするようなイメージです。妥協での「1+1」は「2」が最大であり、通常は2よりはるかに小さい結果になります。相乗効果の成果は、妥協の成果よりもはるかに大きくなります。繰り返しますが、相乗効果は、互いの能力を存分に発揮し、今まで存在しなかった新たな価値が生まれることを指します。

7つの習慣では、これを「第3の案」と表現しています。人と人がつながるとき、お互いに納得できる第3の案は必ず存在します。妥協を捨て、相乗効果を生み出せる人間にシフトしていきましょう。

相乗効果がもたらすコミュニケーション

相乗効果とコミュニケーションの関係を完全に理解することができると、人との仕事で成果を出すためにどのようにすればいいのかが明確になります。

 相乗効果の鍵はコミュニケーションの深さである

言葉のとおり、相乗効果を生み出す鍵は、コミュニケーションの深さにあります。コミュニケーションの深さを信頼度と協力度という軸で3段階に分けて表現することができます。

レベル1:防衛的コミュニケーション
  お互いが守りに入り自分が損しないことを最優先に考えるため、結果は必ず「Win-Lose」または「Lose-Win」で終わります。

レベル2:尊敬的コミュニケーション(信頼と協力がやや高まったレベル)
  ある程度の相互理解は得られるが、共感による傾聴にはいたらないため、結論は妥協によって行われます。信頼と協力がさらに高まったのが次のレベルです。

レベル3:相乗効果的コミュニケーション
  お互いの相違点を深く理解し、個々の上げる成果よりも大きな成果を生み出す関係であり、結果は必ず「Win-Win」になります。

この相乗効果的コミュニケーションでのみ、先に説明した第3の案が生まれます。

しかし、この相乗効果的コミュニケーションを難しいと感じる方は多いではないでしょうか。他人の批判ばかりする同僚、自分の意見を強引に押し付けてくる上司、自己主張ばかりする友人、そんな人たちと相違点を尊重するような気になれない、共感するのは無理と感じる方も多いのではないでしょうか。

当然です。なぜなら、彼らといるのは居心地が悪いからです。

世の中の人たちが全員7つの習慣を身につけていればそんなことはないのですが、どこにでも付き合うのが難しい人はいるものです。そんな人たちとは無理に相乗効果的コミュニケーションをとる必要はありません。しかし、そこで諦めてしまっては自分の成長が止まってしまうのも事実です。例えどんな相手と衝突することになっても、自分は自分の原則を守る、自分の人生をどう生きるかは自分の問題です。どんな相手に対しても違いを尊重して相乗効果を作り出せる、それを信じて根気強く接するからこそ第3の案が生まれるのも事実です。

相手に問題があるという考えではなく、すべての問題は自分の中にあるという考え方ができなければ、どんな人に出会っても相手のせいにし続ける酷い人生が待っています。

特に、起業家のような個人ビジネスをする人間は仕事相手を自由に選ぶことができますが、サラリーマンのような組織で働く人間は仕事相手を自由には選べません。まともな仕事相手を選べないから相乗効果的コミュニケーションを取れない、という発想は、主体的でない他人のせいにする考え方ですので、そのように考えるのはやめましょう。

相手を選べないということは、裏を返せばどんな環境であっても相乗効果をうみだせる成長の場にいるということを意味します。

相乗効果的コミュニケーションを取ることができるように、普段の自分の行動を変え、相手を変えていける人間になりましょう。

(youtube 【7つの習慣】Chapter6-1 シナジーを創り出すより)

7つの習慣(要約)

7つの習慣 インサイドアウト

第1の習慣 主体的である

第2の習慣 目的を持って始める

第3の習慣 最優先事項を優先する

第4の習慣 WinWinを考える

第5の習慣 理解してから理解される

第7の習慣 刃を研ぐ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする