成功する人、しない人の違いは、たった一つの行動習慣

シェアする

スポンサーリンク
成功習慣

なかなか成功できない人、目標を達成できない人には共通の特徴があります。
臆病で、勇気を持って行動やチャレンジすることができない
という特徴です。

臆病というのは、シャイとか恥ずかしがり屋と言う意味ではありません。
シャイや、恥ずかしがり屋には、照れ屋とか、遠慮深いという意味合いも含まれています。

行動やチャレンジなくして成功はありません。

成功する人=行動する人

成功習慣

成功する人は、行動します。無意識のうちに行動し出すといってもいいくらい行動するのが習慣になっています。チャレンジ精神旺盛です。
石橋は叩いたら渡る」イメージです。
  
逆に、「臆病で、勇気を持って行動することができない」というのも、成功できない人の性格であって習慣なのです。何事も、心配事やマイナス面ばかりにフォーカスして、結局は行動しないのです。ずっと今のままの場所に立ち止まっています。おいてきぼりにされてしまいます。
石橋を叩きすぎて、最後には自分で割ってしまう」イメージです。
  
成功する人は、自分が不安に感じること、恐怖に感じることに、あえてチャレンジすることで、固定概念や既定概念を打ち破り、前進し続けるのです。

成功するまで行動し続ける

誰でも失敗は怖いです。しかし、失敗も行動やチャレンジを続けることで成功に変えていくことができます。 「成功するまで行動し続ける」 これが、成功や目標達成の方法なのです。失敗は、成功するための過程でしかないのです。失敗は、失敗と認めた時に初めて失敗が確定するのです。
行動しなければ、何も変わりません。行動するからこそ、失敗や成功という変化が起こるのです。成功者は、その変化に対応して、さらに行動し続けるから、前進して成功るのです。
    
あなたも、成功するため、目標を達成するためには行動することが絶対条件であることを理解し、勇気を持って小さな行動から始めましょう。恐怖や不安は行動には付き物です。しかし、恐怖や不安を抱きながらでも行動して前進していく習慣をつけましょう。
    
すると、チャレンジや行動したいという気持ちが、恐怖や不安な気持ちを上回って行動するのが当たり前になっていきます。、
成功の習慣は、行動とチャレンジの積み重ねです。是非、小さな行動でも良いので、行動を起こす習慣を身につけていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする