wpのデータベースを削除してインストール時の状態に戻す便利なプラグイン

シェアする

スポンサーリンク
  1. WordPress内のすべてのデータを削除し、インストールした状態に戻し、1からサイトを作り直したい場合に便利なのが、 “WordPress Database Reset”というプラグインです。

“WordPress Database Reset”でできること

・WordPressのデータベースを一括消去してくれる

・WordPressをインストールした初期状態にしてくれる

・投稿や固定ページの投稿ID(記事ID)も削除できる

・管理者のログインIDやパスワードはそのまま

・データベースを初期化した後に、利用中だったテーマやプラグインを有効化できる

・設定データ、メニュー、ウィジェット等のデータを初期化できる

・不要なプラグインおテーブルを削除できる

“WordPress Database Reset”でできないこと

・wp-contentディレクトリ内のデータ(テーマ、画像、プラグイン等)は削除できない

・メディアライブラリに登録した画像は何もない状態になるが、画像はWp-contentに残る

・データベースの接頭辞(Prefix)は初期化されない

“WordPress Database Reset”のインストール方法

WordPress.orgからダウンロードする方法

こちらからダウンロードできます。

WordPress Database Reset

WordPress管理画面から検索してインストールする方法

WordPress管理画面⇒プラグイン⇒“WordPress Database Reset”を検索⇒今すぐインストール⇒プラグインを有効化

“WordPress Database Reset”の利用方法

管理画面⇒ツール⇒Datebase Reset

データベースの初期化には、「すべてのデータを初期化する方法」と「個別にデータを選択して初期化する方法」があります。

今回はすべてのデータを初期化します。

“Serect All”をクリック

データベースリセット

このとき、初期化したくないテーブルがある場合、“remove”をクリックするとそのテーブルは初期化されません。

remove

「Reactivate current plugins after reset?」にチェックを入れておくと、初期化後に利用中のプラグインが自動的に有効化されます。

プラグイン有効化

Security codeをコピペして、「Reset Tables」ボタンをクリック。

セキュリティーコード

管理者のログインIDとパスワードは、そのまま利用できます。